有機栽培:有機栽培における病害

・有機栽培:有機栽培における病害
無農薬野菜の病気には、土壌細菌によるものと、生理的障害とがあります。
土壌細菌が原因の青枯れ病や立ち枯れ病にかかってしまったら、他の株にも伝染するおそれがありますから、見つけ次第抜き取って焼却するようにします。
連作障害による病気は防ぐことが難しいですが、多くは窒素過多などの肥料のやり方が原因です。
窒素過多は他にもウドンコ病などの、生理的障害を無農薬野菜に与える原因にもなります。

・有機栽培における虫害
アブラナ科の野菜の葉を食害してしまう青虫、白菜やキャベツを葉脈だけにしてしまうヨトウ虫、種類に関係なく根と茎を切り離してしまう根切り虫などを始め、多くの虫が有機野菜には集まります。
害虫や益虫というのは人間の勝手な区分けと言わざるをえませんが、無農薬野菜を作るためには、無農薬野菜に害を与える虫はせっせと捕殺します。
アブラムシに関しては、窒素肥料を入れすぎないようにして、窒素のやり過ぎによる発生を防ぐようにします。
また、アブラムシは、牛乳や煙草の吸殻液に粉石けん(合成洗剤は使用しません)を混ぜて、スプレーで噴霧することでも防除できます。
ただし、晴天の日の午前中に行います。

・有機栽培における鳥の被害
夏野菜には烏、冬野菜にはヒヨドリ、種を蒔けば鳩など無農薬野菜は多くの鳥に狙われます。
ひどい地域では、トマト、トウモロコシ、落花生、スイカなどは、収穫間近に烏に全滅させられるケースもあります。
烏は特に好奇心旺盛な鳥で、食べもしないのに、キュウリやナスにもいたずらをして、穴を開けたりします。
正月を過ぎると、ヒヨドリが畑を荒らし回ります。
キャベツなどは芯まで食われ、白菜、ほうれん草を始めとする葉もの、サヤエンドウなどの葉を食害します。
鳩が狙うのは種か、出たばかりの無農薬野菜の新芽です。
タグ:有機栽培
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。