有機野菜:無農薬ジャガイモB

・ジャガイモの収穫
下葉2枚くらいが黄色くなってきたら収穫期です。
これより早く新じゃがを摂りたいときは、5月下旬頃から、そっと株の下の土を取り除き、大きい芋から取っていくことも出来ます。
彫り上げた芋は、日陰の風通しがよいところで2、3日よく乾かし、余分な土を払い落としてから保存します。
小穴をあけたダンボール箱に入れて、位ところで保存すると、伸びた芽をかきながら2月まで使えます。

・ジャガイモの病虫害対策
葉が茂ってくると、葉に虫がついたりもしますが、畝間、株間が十分にとってあれば、目立つほどの被害にはなりません。
気にせず見守ります。輪作が確かならば、大きな被害になる病気もないようです。


・無農薬野菜栽培のための土
無農薬野菜の根の発達に大切に団粒構造の土のほとんどは岩石からできていますが、粒子が非常に細やかなために、それだけでは次第に固まってしまい、有機作物は思うように育ちません。
耕作をするためのよい土や土壌とは、植物が根を自由にのばすことができ、しかも植物の生育に必要な空気と水がほどよく含まれている土です。
このため土壌には、過湿にならない排水性と、日照りが続いた時に乾きすぎない保水性が必要です。
粒子の細かい砂や年度に有機質を入れることは、肥料としての効果ばかりではなく、団粒構造を発達させ、前述した2つの条件を満たすことにつながります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。