オーガニック―オーガニックなどの食材にこだわってる 人が回りに数人います。 まあ話しで聞くだ...

今日はこんな記事をみつけました。

  • 古田直美※二重まぶた術


  • オーガニックなどの食材にこだわってる
    人が回りに数人います。
    まあ話しで聞くだけですが・・・。
    わたしはどこそこの、有機農法の野菜しか食べない・・・など。
    レストランなどに行っても、店員に産地など聞いたりするくらい、徹底しているらしいです。
    しかし、この前海外研修(半分旅行)でハワイに行ったのですが、USビーフや現地の野菜?などを筆頭に、ハードロックカフェ、
    マクドナルド、おそらく、滞在中オーガニック食材などを気をつけてる感じは微塵も感じられませんでした。
    なんなんでしょうか、この人は???


    - 回答 -
    悪いいい方をすればオーガニックなどは自己満足の世界です。

    好意的な見方をすると
    「出先までこだわるってのもやりすぎ」と判断したのでしょう。

    その人の自由なので放っておいてあげましょう。


    ただ、正しい知識があればオーガニックの中身もわかると思います。

    農薬を使おうが使わまいが
    実は私たちが摂取する有害物質の量は大差はありません。

    野菜そのものに自身の防衛機能から農薬成分を作り出すからです。
    天然農薬とも言われますが、その量は残留農薬の1万倍くらいです。

    一般的な食生活で摂取する発がん性を含む有毒物質量は1日に1.5g程度です。
    フグや毒キノコだけでなく、普通の肉や野菜に有毒成分が含まれてるんですね。

    一方残留農薬、問題視されてますが0.0○ppmの世界です。
    野菜は1日350g以上と言いますから

    ありえないですけど、摂取する全ての野菜に農薬が残留してたとして
    その農薬の量は0.0003g程度です。

    オーガニックが1.5gの有毒物質で
    農薬が残留した野菜でも1.5003gの有毒物質。

    仮に残留が上記の10倍の濃度であっても誤差ですよね?

    また天然農薬は外敵から守る手段ですので
    オーガニックは当然ながら外敵からのリスクは高まります。

    なので天然農薬の分泌が増えるはずです。

    これを多くの学者が実証しており
    結果としてオーガニックの方が天然農薬が多くなるケースも多々あるようです。

    そうなれば先ほどの1.5gvs1.50003gの勝敗は
    完璧に逆転してしまうのですが

    まあそれも大差ないんですよね。

    まあオーガニックを好んで選ぶ人は

    人工的な添加物・農薬=毒と考え
    天然、自然=無毒と勝手に思い込んでるだけです。

    まあ好んで選んでいる人に
    この事実を伝える必要はないと思いますけどね

    (この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。