有機JAS規格について

有機JAS規格
 オーガニックの本来の考え方は、水田や畑の持っている本来の生産力を引き出すことです。
 そのためには、環境への負担をできる限り少なくした栽培方法により生産農家の方が工夫と手間をかけて土づくりを行っているのが理由です。

※現在『有機JAS規格』では、21種類以上の農薬の使用が許可されています。以前の記事で『有機JAS規格の基準』をご紹介致しましたが、本来は全ての農薬を使わないことが「真のオーガニック」ではないかと考えます。

日本国内においては、この第三の認証機関が農林水産省の定める『有機JAS認定』になります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。