オーガニック=有機栽培

オーガニック=有機栽培

 オーガニック(有機栽培)とは科学的に合成された肥料及び農薬の使用を避け、自然循環機能の維持増進を図ることによって自然に配慮した土作りをし、人間の体に安全な食料生産を目指す栽培法のことですね。

 そのためオーガニック(有機栽培)の農産物はより地域環境や安全性に配慮した農産物ということができるのです。

 オーガニック(有機栽培)農産物及びオーガニック(有機栽培)農産物加工食品のJASに合格した食品には、オーガニック(有機栽培)JASマークが貼付されます。
 このオーガニック(有機栽培)JASマークが付されたものでなければ、「オーガニック(有機栽培)トマト」「オーガニック(有機栽培)納豆」等の「オーガニック(有機栽培)」の表示をすることはできないのです。

 オーガニック=有機です。オーガニック、有機と名がつくだけで、からだに良いというイメージを持ってしまいます。わたしもオーガニックものは大好きです。

 でも、オーガニックは薬ではありません。だから、からだに良いのではなくて、からだに悪くないというだけなんですけどね。
 薬ではないということは重要です。あまり大きなことを期待しないで楽しんで食べるのがオーガニックです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。