環境ホルモン:有機栽培

環境ホルモン:有機栽培

 環境ホルモンは内分泌撹乱物質といわれ、オスをメス化させたり、また、免疫抑制等の害が大きな問題となっています。
 有機栽培でも気をつけなくてはいけない事柄ですね。

 環境ホルモンとしては、ダイオキシンをはじめ、農薬のDDT等や除草剤、プラスチック関係ではスチレンやビスフェノール等があります。

 これらの物質はいずれも生体濃縮するのが特徴であり、ピコグラム(1兆分の1)という極微量で悪影響がでることが特に重要な問題です。
 環境ホルモンの少ない有機栽培野菜を食べたいものです。

 有機栽培の野菜の魅力はいろいろあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。