無農薬有機栽培とは?

無農薬有機栽培とは?

 いままでは有機栽培(オーガニック)といえば有機質肥料を使って栽培した農産物を有機栽培(オーガニック)農産物として表示して販売されていたんです。

 農家は化学肥料も使っている。農薬散布もいている。けれども有機質肥料を使っているので有機(オーガニック)農産物であるとして表示していました。
 
 農家も,販売者(卸売,小売店を含めて)も少しでも有機質肥料を使って栽培した農産物は(場合によっては全く有機栽培でない農産物までも)有機栽培と表示することで消費者の方々の好印象を得て高く売れると考えていました。

 また、実際に高い価格をつけて販売されていたと思います。

 近年、無農薬栽培、無農薬有機栽培、減農薬栽培、減農薬有機栽培などの名称で販売されるようになりました。

 ところが消費者団体等から無農薬栽培と有機栽培との違い、減農薬とはどれだけ農薬を減らした場合なのかなど表示があまりにあいまいだということで有機食品の表示に一定の基準が設けられることになりました。

 それがJAS認証制度です。              
 
 有機栽培とは一定の農場の圃場(ほじょう)で3年間以上、無農薬(化学合成農薬無使用)、無化学肥料(有機質肥料)で栽培した農産物であること。

 農水省が認定した有機認証機関(当農場では(財)自然農法センター)に有機農産物であることを証明するための(JAS)認証登録の申請書を提出し認証を受けた農家であること。

 有機認証機関より有機生産圃場として適格であり有機栽培農家であること
を証明する有機認定書が交付されていること等によりJASのマークをつけて有
機の表示をして販売すること


 が認められるという制度です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。