有機野菜の味:有機(オーガニック)野菜

オーガニック野菜の味!

 オーガニック(有機)野菜を食べたいけれど高いから・・・・・・、と購入を躊
躇している人も多いはず。確かに、店先に並んだ、例えば大根1本の値段だ
けを単純に比較してみると、有機栽培の大根の方が高いかもしれない。でも
高いには高いなりの理由があるはず。

オーガニック(有機)野菜は野菜本来の味
 「わぁ、甘い!」。農薬も化学肥料も使わずに丹精込めて育てた大根、ニ
ンジン、キャベツ、白菜、ゴボウを生のまま一口食べたとたん、思わず叫ん
でしまう。
 単純な甘味だけではない。みずみずしく、ぎゅっと凝集した滋味あふれる
微妙に複雑な味がする。

 これが本物の野菜の味。生で食べると甘味があってその美味しさがよく分
かる。化学肥料で育てた野菜はアクがあって、生では食べにくいのが良くわ
かる。

 確かにゴボウを生で食べようなどと考えることはない。

 野菜は季節を敏感に捉えています。土壌の状態も季節で変化していきます
から、例えば秋冬野菜は越冬のために糖分をできるだけ蓄えようとする。そ
のため甘味がどんどん増します。

 だから、有機野菜を食べた時、活力が体中にみなぎっていく感覚を感じま
す。生き生きしているのは、野菜が強い生命力を蓄えているからですね。

 味などが凝縮されているので少量でも満腹感があります。オーガニック野
菜を食べていると病気にもなりにくいし、たとえ病気になっても回復が早い。薬と医者いらずです。

 1本の大根を買う時には高いように感じても、そのお陰で医療費がかから
ないとしたら、結果的には安くなる。

 オーガニック(有機)野菜は美味しく、少量でも大満足で、健康になり、
医者いらず・・・・・・。つまりはとても経済的なのだ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。